TRPG部 ルティナス・ブログ
ゲームサークルLutinusのBLOGです。
メンバーのみんなで更新しています。
Twitter始めました。@trpg_lutinus
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
おしらせ


ルティナスのコミケ専用ブログが出来ました。
随時更新していきます!
ルティナスとは?
 「ルティナス」(Lutinus)は声優大竹みゆの元にゲーム好きな声優・役者やクリエイターが集った、TRPGを遊ぶ部活動(サークル)です。
 ルティナスの元はルピナスと言う花からきています。花言葉は多くの仲間。本当に花言葉通り、毎週顔を会わせてTRPGを語り合うようになりました。
 こんなに楽しく仲良く出来るゲームがもっと多くの方に知ってもらえたらいいな〜、TRPGをもっともっと広めたいなという思いを全員が持っています。
 BLOGに、ライブ活動に、同人誌の発行、コンベンションの開催など「ルティナス」は楽しみながらTRPGを広める活動をしてゆきます。
メールフォーム
ルティナス宛てにメッセージ送れます

大きいメールフォームは
こちらからclick!!


Powered by NINJA TOOLS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アリアンロッド・サガ・リプレイ(2)  最強のフィアンセ (富士見ドラゴン・ブック)
アリアンロッド・サガ・リプレイ(2) 最強のフィアンセ (富士見ドラゴン・ブック) (JUGEMレビュー »)
菊池 たけし,F.E.A.R.
部長・・・もう、隠し切れません!

どうしてそんなに戦闘が好きなんですか!?w
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

部長、大竹みゆがヒロインやってます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
(TRPG)アリアンロッド・サガアルディオン大陸ガイド
(TRPG)アリアンロッド・サガアルディオン大陸ガイド (JUGEMレビュー »)
アルディオンを遊ぶには必携の一冊。サークルのみんなも持ってます。
RECOMMEND
(文庫)アリアンロッドRPGルールブック/菊池たけし/F.E.A.R.
(文庫)アリアンロッドRPGルールブック/菊池たけし/F.E.A.R. (JUGEMレビュー »)
まずは、これがないと始まらない!
いざ、冒険に旅立とう。
OTHERS


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< ついに、念願のTRPG〜! | main | 宿題の答え合わせ(^_-) >>
オレのタンクライフ……

先日の部活動で「ダークブレイズ」というTRPGで遊んだので、感想などをご報告!

タイトルがタンクライフRPG、いったいなんだ? タンクといえばイギリス軍の秘密兵器……そう戦車です。

このTRPGは戦車に乗って戦うRPGなのです。
個人的には「タンクライフ」というキーワードがなぜかココロをくすぐります。

ダークブレイズという、ナウシカっぽく言うなら瘴気に満たされた世界。その世界を救うため、瘴気の元となるブレイズコアを破壊もしくは停止させるために冒険者が戦車に乗り、ダンジョンを攻略する物語を遊びます。

敵は? その瘴気でより強力で、おかしくなったモンスターと戦うのです。虫(いやこの場合、蟲としたほうがいいかな?)と砲撃戦したりもします。

汚染された世界を生き抜くには、ユグドラシル(世界樹)の力が必要であり、人類はユグドラシルエンジンなるものを発明して、それを生命維持装置&動力元としています。

戦車にはこのユグドラシルエンジンと、パーティーの生命維持装置たるドライアドという妖精と共に冒険をするのですが、このドライアドはNPCのような要素もあり、パーティーの判定結果によってツンになったりデレになったりします。ご機嫌を損ねると、パーティーの行動に大きな制限出たりでなかったり、生死に関わってきたり……ドライアドとのやりとりが実におもしろいです。

このシステムの特徴は独自すぎる世界感もさることながら、ダイスの判定がおもしろい。

ダイスは基本3個振るのですが、判定には2つの能力値をマスターが指定し、ダイスはその指定された能力値以下を出せば成功。あとは成功した数を数える、

例えばダイスの目は「5」「3」「1」とすると
一つ目の能力値は4 比較して→3と1のダイスの2個が成功
二つ目の能力値は2 比較して→1のダイスのみ1個が成功

よって判定値はダイス3個。

マスターはここで判定値ダイス4個を宣言したので、失敗。
みたいな感じです。

慣れないとちょっと戸惑うけど、大変ユニークでしょ。

遊べるクラスは3系統6種類
・肉弾戦重視の攻撃型・防御型
・射撃攻撃の範囲攻撃型と単体攻撃型
・術式(魔法のようなもの)を使う攻撃型と回復型

性格には表と裏があり、表は好きに設定できますが裏の性格はドライアドとの関係に関わるためダイスを振って決めます。ステータスは少ないのであんまり悩みません。

プレイは出発前のシーン、戦車に乗ってダンジョンに向かいイベントを解決するシーン、ダンジョンに突入のシーンがあります。

わたしは用事があって、途中までしか遊べなかったのですが、非常におもしろいゲームでした。次は最後まで遊びたいと持っています。

よくできていると思ったのは、暇になる人や活躍する人が特定の人に偏って、つまらなくならない。いや、全員が一体感のあるプレイを楽しめるような仕組みになっているところです。
特に戦車の運用や戦闘はみんなで分担して判定をします。操縦する人、砲撃する人、修理する人、全員でやらないと負けます。誰一人として遊んでいる(?)ヒマはありません。

久々にダイスを振る楽しさと緊張感を味わえるゲームでした。ゲームバランスは多少シビアで、ぬるいゲームプレイだと多分死にます。我こそはゲーマーな人にもお勧めです。気合いを入れてダイスを振るべし!

もちろん、初心者でも十分遊べます。GMがいなくてもボードゲーム的に遊べるように作られており、GM役の負担はそれほどないのも特徴だと思います。

他の部員も自分のBLOGに感想とか書いているので、是非そちらも見てくださいね。




Special Thanks to 偽名ちゃん&Qさん

| 活動報告 | - | - | くいんと |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |